議会報告一覧

  • 2012年9月定例市議会の概要ご報告 2012年9月定例市議会の概要ご報告 日本共産党北九州市議会議員団 荒 川 徹 ■9月定例市議会について 東日本大震災から1年半。被災地の復興は進まず、今なお深刻な原発事故。国政では、消費税増税、社会保障全面改悪、原発再稼働、オスプレイ配備の押し付けなど、国民ないがしろの政治と、領土問題の混乱。九州北部の豪雨被害。 2期目に入った北橋市政の初年度の2011年度決算を中心に、100億円の新・球技場建設の事業着手に向けた補正予算、直接請求に基づく議員定数削減条例等をめぐり論戦。 ■厳しい市民生活と高齢化の進展のもとで福祉充実、及び安全・安心対策は喫緊の課題 高齢者をはじめ市民の医療・福祉充実 人口の高齢化率、政令市中最高の25 ...
    投稿: 2012/12/02 18:59、WEB広報部荒川
1 - 1 / 1 件の投稿を表示中 もっと見る »